※本サイトはプロモーションが含まれています。

トムフォード アイプライマーの使い方【感動!夜までキレイに発色】

この下地があるなしでアイシャドウの発色、モチの良さが全然違う!と使ってみて良さがわかるトムフォード エモーションプルーフ アイ プライマーの口コミによるおすすめの使い方、使い方のコツをご紹介します♡

スポンサーリンク

 エモーションプルーフ アイ プライマーの使い方 ”適量”を使いこなすコツ

目尻のアイラインのにじみ対策に。

BAさんによると塗る時はチョン置き。少な目に塗るのがポイント!

塗ってからすぐアイシャドウを乗せるのではなく、数分待って馴染ませてから使うとフィット感増し♪

口コミによる使い方のアドバイス
・極少量でよく伸ばすのがポイント
(量が多いとモタつく)
・まつ毛につくと、ビューラーで上がりにくくなるので注意
・濃いアイシャドウの発色に注意(発色が良すぎて修正が難しい)

アイシャドウの発色を長くキープしたい、パウダーアイシャドウの粉落ちをどうにかしたい、ラメ飛びが気になるなどそんなお悩みを一気に解決してくれるトムフォード エモーションプルーフ アイ プライマーです。

特にプチプラのアイシャドウを使ってる方はこのアイプライマーの良さがわかりやすいと思います。

トムフォード公式サイトの使い方は「アイメイクの前に適量、アイホール全体に薄くのばして・・・」

この「適量」がどのくらいの量なのかわかりにくい点でもあります。

BAさんもおすすめの使い方は「極少量(米粒1.5ぐらい)、塗る時はチョン置き⇒薄く伸ばす」量が多いと二重幅に溜まってしまうので、量には注意です。

又は、手の甲に出して指塗り。どちらがいいかは個人差があるので自分のやりやすい方で塗るのがおすすめです。どちらにしても少量を意識しましょう。

使うアイシャドウにもよると思いますが、口コミではアイプライマーを塗ってから、少し時間を置いて(2~3分)アイシャドウを塗ったほうがいいというアドバイスもありました。

またアイシャドウによってはいつものようにしっかり塗ると、逆に色がしっかり出すぎることもあるので、アイプライマーを塗った後はアイシャドウのつけすぎには注意しましょう。

トムフォード エモーションプルーフ アイ プライマーって?


画像提供:Rakuten

5,170円(税込み)

アイシャドウの発色と持ちをサポートするエモーションプルーフ アイ プライマー。アイメイク前につけるだけ。軽いつけ心地も◎

口コミによるトムフォード エモーションプルーフ アイ プライマーのおすすめポイント

・アイシャドウの発色(より鮮明)、ノリ、もちがよくなる
・アイシャドウの密着感がアップ
・ラメ落ち防止にいい
・まぶたの色ムラをカバー
・まぶたのくすみカバー
・使い心地がいい(サラサラしてべたつかない)
・トムフォードのアイカラークオードと相性抜群
・目周りが乾燥しにくい
・淡いアイシャドウでも発色が良くなる
・少量でいいのでコスパ悪くない
・プレゼントにいい

まとめ

アイシャドウの発色やモチの良さも好評ですが、年齢とともにくすむ瞼の色ムラもカバー(まぶたの色補正)してくれて、どんなアイシャドウでも発色を良く見せてくれる点もトムフォード アイプライマーの魅力です。アイメイクが好きならどの年代・性別も関係なく使えるおすすめのアイプライマーです♪

タイトルとURLをコピーしました