※本サイトはプロモーションが含まれています。

ティルティル ハイライトの使い方【よれる?肌に馴染む水光肌のコツ】

簡単に濡れツヤ肌に♪潤いもたっぷり兼ね備えたティルティルの人気ハイライト、TIRTIR MY GLOW HIGHLIGHTERの口コミによるおすすめの使い方、ヨレ防止の塗り方のコツも合わせてご紹介します♡

スポンサーリンク

TIRTIR MY GLOW HIGHLIGHTERでヨレない水光肌になる使い方

適度なツヤ感はフェイスパウダーの前に仕込む!

目の下(美の三角ゾーン)に仕込むといい感じのハイライト効果♪

口コミによる使い方のアドバイス
・塗ったところ全体をぼかす(ぼかさないとべたつく、髪の毛にひっつく)
・塗った後はスポンジで馴染ませるのは必須(ヨレ防止)
・最後に指につけてポンポン
・ファンデーションの前につけるのがおすすめ
※ファンデーションの後はよれる

ハイライト効果に加えて保湿も高く、ひと塗りで水光肌にしてくれるTIRTIR MY GLOW HIGHLIGHTER。ステックタイプなので、使いやすい点も◎

全体的には口コミも高評価ですが「ヨレる」というマイナスなコメントも目立ちます。TIRTIR公式ではベースメイクの最後にステックをツヤをだしたい部分にすーっと直塗りを推奨しています。

ただ、この塗り方だとヨレやすく崩れやすい問題は避けられません.

そこで口コミでもたくさんの人が実践したヨレ防止の塗り方は、

①ファンデーションの前

下地⇒TIRTIRハイライター⇒ファンデーション
※ハイライターはスポンジで馴染ませる

②最後パウダーの後、ポンポン塗り

パウダー⇒TIRTIRハイライター
※つけすぎないように指にとって、ハイライターをつけたい部分にポンポンとつける

がっつり塗るとツヤツヤになりすぎるので、年齢的にも自然な艶にしあげたい人は、ハイライターは仕込んで上からファンデーションという順番がおすすめです。

またTIRTIRのハイライターを塗ったあとはスポンジで馴染ませるのも忘れずに。この工程を抜かすとヨレる可能性があります。

高保湿で潤いたっぷりですが、塗り方やつける量によっては、つけた後お肌がべたべたしてしまうので、こういう点でも軽くスポンジで馴染ませる工程はおすすめです。


画像提供:Rakuten

スポンジで馴染ませるのが面倒という方は、ポンポンとタッピングするようにつけるのがおすすめ。公式推奨のようにステックを直塗して伸ばすやり方だとヨレやすいです。

また口コミではこの高保湿&ツヤを上手に利用して、乾燥しやすい目の下(小じわに)、ほうれい線に使ってる人もいます。

TIRTIR MY GLOW HIGHLIGHTERって?


10g 2,420円(税込み)
全4色

自然な肌ツヤが簡単に作れる♪透明感のある華やかな仕上がりにしてくれるメルティングステックバーム。メルティング(溶ける)というように肌にのせると体温でバームが溶けます。

うるおい溢れる健康的でクリアな水光肌の秘密はWATER BLOOM GLOWER
海スイレン・アジサイ・青蓮の花・パールエキス・デュナリエラサリナエキス・ローヤルゼリーエキス

AMPOULE:水光+保湿
SHIMMER:パールツヤ+保湿
ROSYBEAM:パールツヤ+ピンク
LILYFUL:水光+コーラル

無香料

口コミによるTIRTIR MY GLOW HIGHLIGHTERのおすすめポイント

・濡れツヤ肌を叶える
・伸びがいい
・保湿が高い(みずみずしさ)
・ステックタイプは使いやすい
・少量でいいのでコスパいい

まとめ

Cゾーン、鼻筋、額、デコルテにぬって、水光肌に♪塗り方にはちょっとしたコツはいりますが覚えれば少量で濡れたようなツヤっとしたお肌を叶えてくれるTIRTIRのハイライターです。ツヤ感が欲しい年代の方にもおすすめ♪

タイトルとURLをコピーしました