※本サイトはプロモーションが含まれています。

ちふれBBクリーム使い方 ”ノーファンデ”軽いメイクの日はこれ1本

大容量でコスパ良し!幅広い年代に人気のちふれオールインワンBBクリーム。ナチュラルメイクさんにはかなり推しのちふれBBクリームで美肌にしあげる使い方のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ちふれBBクリームどんな風に使ってる?

テカリが気になるけどパウダーすれば大丈夫。

ブルべ、色白さんはピンクオークルがおすすめ!

スポンジで叩き込むと1日崩れにくい。

ちふれBBクリームって?


50g 880円(税込み)
全3色

『化粧水のあと、これ1本で美肌に』
1本で美容液・乳液・保湿クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの6役のBBクリーム。程よいカバー力としっとりお肌を潤してくれる保湿効果も高いです。

・保湿成分配合:ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸・トレハロース・オウゴン根エキス 配合
・無香料
・紫外線吸収剤無配合
・ウォータープルーフ
・SPF27/PA++

口コミによるちふれBBクリームのおすすめポイント

・大容量でコスパ良い
・少量でよく伸びる
・軽いメイクの日に
・素肌感があるしあがり
・紫外線吸収剤が入っていない
・乾燥しにくい
・厚塗りにならない
・落としやすい
スポンサーリンク

ちふれBBクリームで美肌になる使い方のポイント

『化粧水の後に、これ1本』1本で6役のオールインワンBBクリーム、ツヤやトーンアップ効果など目立つ特徴はないけれど、軽いメイクの日などシンプルに使えるちふれのBBクリームです。時短になり大容量でコスパがいいのも魅力です。

化粧水の後にほんとにこれ1本で大丈夫なのか?
口コミを調査したところ、40代、50代の方でも化粧水の後にBBクリームを使用してる方もいました。ただ季節や肌質にもよると思うので、化粧水後につけて〇か×かはお肌と相談しながらがおすすめです。

乾燥が気になる場合は、事前の保湿をしっかりすることをおすすめします。

またUVカットがSPF27 / PA++なのでアウトドアなど紫外線カットの効果が気になる方は、SPF高めの日焼け止めとの併用がおすすめです。

SPF高い日焼け止め(無色)⇒ちふれBBクリーム⇒(必要なら)フェイスパウダー

カバー力に関しては、口コミによると「程よく」という感じです。
薄いシミ、薄いクマ、毛穴、肌の赤み〇
濃いシミ、濃いクマ、ニキビ赤み△
隠したい箇所をしっかり隠したい場合はコンシーラーとの併用がおすすめです。

保湿に関しては高評価ですが、その分サラっとした感じにはしあがらないので、最後のフェイスパウダーは1日快適に過ごすためにも◎。保湿が高い分、肌質によってはテカリが気になる方もいるようなので、そういった点からも仕上げのフェイスパウダーはおすすめです。

使用量は多いとヨレの原因にもなるので少量を伸ばすようにしましょう。手で伸ばしてムラや厚塗り感を感じる場合は、スポンジやファンデーションブラシがおすすめです。

塗り方は美顔を左右する『目の下三角ゾーン』から丁寧に塗布していきましょう。顔の中心から外側へ。ファンデの代わりにもなるので顔の中心部分を意識して塗布します。

「美肌鉄則の顔の明るさも忘れずに」
ちふれのBBクリームはシンプルな分、トーンアップ効果などはないので、ツヤ感や透明感など顔を明るく見せたい場合はハイライトで補うのもおすすめです。目周りを明るくするだけで顔がパッと明るくなります♪

まとめ

薄メイク、ナチュラルメイクさんならこれ1本でしあがる時短メイクに最適のちふれのBBクリームです。保湿の高さ、ウォータープルーフ、紫外線吸収剤無配合とお肌にも優しく、薄づきな分、崩れにくい点も優秀なので、軽いメイクなど使う目的が合えば大容量でコスパもいいちふれBBクリームです♪

タイトルとURLをコピーしました