※本サイトはプロモーションが含まれています。

イプサコンシーラー使い方【クマしっかり隠して涙袋も盛れる】

カバー力高くて乾燥しずらい!と評判のイプサのパレットコンシーラー、クリエイティブコンシーラーeの口コミによるおすすめの使い方、使いこなしのポイントをご紹介します♡

イプサ クリエイティブコンシーラーeどんな風に使ってる?

黒クマを目立たなくするには明るい色が効果的!

ブラシで隠した後、スポンジで馴染ませると綺麗にカバー&フィット感

2番目の色は涙袋にもおすすめ♡

口コミによるおすすめの使い方&アドバイス
・隠そうとやりすぎない
・涙袋メイクとして最高に盛れる
・広い面積を塗る時はコンシーラーブラシがおすすめ(崩れにくく、しっかりカバー)
・乾燥を感じる場合は保湿はしっかり

イプサ クリエイティブコンシーラーeとは?


4.5g 3,850円

@コスメ2022年ベストコスメアイテム賞受賞

肌の色にあわせて3色をブレンドできるコンシーラー。
自分で色を作ってお肌の気になるシミやクマなどを隠します。そしてフレキシブルネットEXのおかげでお肌に密着、ヨレなどを防いで化粧もちもアップしてくれる♪SPF25 PA+++のUV効果もあり。

口コミによるイプサ クリエイティブコンシーラーeのおすすめポイント

・自分の肌に合う色を作れる
・カバー力高い(クマ、赤み、ニキビ跡など)
・乾燥しずらい
・よれない
・崩れにくい
・シワに入り込まない
・細いブラシが細かいところまでカバーしてくれる
・厚塗り感なし
・フィット感がいい
・初心者にも使いやすい
・コンパクト(ポーチに入れられる)

イプサ クリエイティブコンシーラーe使い方のポイント

3色を自分の肌色に調合できるイプサの クリエイティブコンシーラーです。コンシーラーでありがちな乾燥しやすい点も、乾燥しずらいと口コミでは好評です。

口コミでもおすすめなカバー箇所は、
・クマ(頑固なクマは△)
・ニキビ跡
・シミ(濃いシミ△)
・まゆげの剃り跡の青み

基本的な使い方は、気になる部分に付属ブラシで乗せて、指でトントンと馴染ませる。

色をブレンドしたり、しなかったり、自分の肌色に合わせて肌悩みを隠していきます。

ヨレにくい点でも評価は高いですが、塗りすぎはヨレや乾燥しやすくなる原因にもなるので、この点は気をつけましょう。

クマを綺麗に隠す基本は、
オレンジ→ベージュ
※シミもシミによってはこの順番で◎

また付属ブラシが細いのでピンポイントに使う場合は使いやすいですが、隠す範囲が広い部分はコンシーラーブラシがおすすめです。コンシーラーブラシは薄膜かつ綺麗にカバーしてくれるのでメイク初心者さんほどおすすめです。

パレットタイプのコンシーラーにも使いやすい細み平筆タイプのコンシーラーがおすすめ↓


画像提供:Rakuten

使い方は絵具のパレットを使う時と同じ感覚で♪
<目の下のクマを隠す使い方の例>
①真ん中ピンクオレンジを筆にとって目の下の気になるクマをカバー
②指でポンポン馴染ませる(又はスポンジ)
③一番下ベージュと一番上のブラウンを筆でとって、一番したの空間で混ぜる
④先ほど塗布したピンクオレンジの上から塗布
⑤指でポンポン馴染ませる(又はスポンジ)

最後に目の下に明るさをだすために一番下のベージュを少量塗布して馴染ませるか、または手持ちのハイライトで明るさを出すのもおすすめです。クマによっては光で飛ばしてくれます。


また「隠す」ことに集中していると、ナチュラルさを忘れがちになって、厚塗り感もでてしまうのでコンシーラーブラシを使用する時にも少量、「薄膜」を意識して塗布しましょう。

もし隠したい場所が広範囲だったり、クマやシミが濃い場合は、コンシーラーだけで隠そうとせずに、カバー力のある化粧下地を使用するなど併用するものである程度カバーするのがおすすめです。

イプサのコンシーラーではないですが、3色パレットの基本的な使い方を学ぶのにおすすめな動画です↓※メイクツールは指塗り

まとめ

肌馴染みがいいだけでなく乾燥しにくく、よれることなくピタッと密着してくれるイプサのクリエイティブコンシーラーeです。とにかく「乾燥しずらい」点は好評なので今までコンシーラーを長時間使うとパリパリ感が気になる方にもおすすめです。また涙袋メイクとしても好評なので、隠すだけじゃなくマルチに活用できます♪

タイトルとURLをコピーしました