※本サイトはプロモーションが含まれています。

セザンヌUVシルクカバーパウダー色選びと使い方 ファンデにもなる♪

『しっとりシルク肌』と謳ってるように保湿力がありカバー力にも優れなめらかな肌触りにしあげてくれるセザンヌ UVシルクカバーパウダーの色選びのアドバイスと綺麗肌にしあげる使い方のポイントをご紹介します。ノーファンデ、化粧直しと使える♡

スポンサーリンク

セザンヌ UVシルクカバーパウダーの色選び

セザンヌ UVシルクカバーパウダーは全3色展開です。
・00ライトベージュ=黄味より明るい肌色に
・01ライト=明るい肌色に
・02ナチュラル=自然な肌色に

今回150人の口コミより色選びについて調査してみました。
結果、全3色のうち人気色は00ライトベージュ・01ライトです。今はイエベ明るい肌の方やお肌の色を明るく見せたいという方も多いので「明るい色」が人気です。お肌が黄味よりな方はお肌に馴染みやすい色展開なので失敗することは少ないと思います。

ただ色白さんについては一番明るい01ライトでも「黄味が強い、暗い・・・」と感じてる方も若干いました。黄味がない色白さんは要検討です!

色選びで気がかりなことは、
色が暗すぎないか?
白浮きしないか?

セザンヌ UVシルクカバーパウダーはカバー力も高いことからファンデーション代わりにもなると感じてる方も多いぐらいなので、使い方によって仕上がりが180度変わってくるパウダーです。

そこで、色の問題で心配な方への対処法です。
問題①色が暗い、白浮きする
解決策⇒メイクツールを変えてみる
付属のパフは小さくて薄いので、塗布する量を気をつけないとつけすぎてしまう可能性が高いので薄づきで均一に顔にのせられるフェイスブラシで塗布するのがおすすめです。

問題②白浮きする
解決策⇒顔全体でなく部分的に使用
顔に明るさをもたせたい部分のみフェイスブラシ又はパフでサッとつける(Tゾーン、目の下三角ゾーン)

問題③色が暗すぎる、土色になる
解決策⇒トーンアップ下地使用または、シェーディングとして
トーンアップ下地を使って顔に明るさを出す⇒フェイスブラシでセザンヌ UVシルクカバーパウダーをササッと塗布。トーンアップ下地は美顔ゾーン(目の下)は特に丁寧に塗布しましょう。

特にくすみや暗さが気になる年齢の方は、顔中心に明るさを持たせることが大事です!


トーンアップ下地でも暗さが気になる場合は、その暗さをシェーディングとして利用するのがおすすめです。この場合もトーンアップ下地(顔中心に重点)⇒顔周りにセザンヌ UVシルクカバーパウダーを塗布(シェーディングブラシがおすすめ)。

スポンサーリンク

セザンヌ UVシルクカバーパウダーって?


10g 748円(税込み)

「高カバー×ふんわりマット」
カバーしてなめらかな肌が続くSPF50 PA++++高UVカットのUVシルクカバーパウダーです。ソフトフォーカス効果で毛穴、シミ、そばかすなど肌悩みをカバー。
16種類の美容成分も配合でしっとりなめらか♡

・ノンケミカル処方
紫外線吸収剤不使用/無香料/無鉱物油/界面活性剤不使用/タール系色素不使用/アルコールフリー/パラベンフリー
・石鹸・洗顔料でオフ(単品使用)

口コミによるセザンヌ UVシルクカバーパウダーのおすすめポイント

・保湿力がある(乾燥しにくい)
・程よいカバー力
・ノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)
・持ち運びに便利
・ノーファンデ
・化粧直しパウダー

セザンヌ UVシルクカバーパウダー使い方のポイント

程よいカバー力で厚塗り感なくふんわりセミマット肌にしあげてくれるセザンヌのUVシルクカバーパウダーです。ナチュラルメイクさんなら下地+UVシルクカバーパウダーだけでも十分なくらいカバー力についても好評です。

口コミで多い使い方
・ノーファンデに
・化粧直しとして部分使用(テカリや毛穴が気になるところ)
・テカリ対策

ノーファンデとして使う時はお肌のお悩みを隠したい箇所は化粧下地で整えておきましょう。
お肌の赤み⇒グリーン下地
くすみ⇒トーンアップ下地
毛穴⇒ポアプライマーなど。

カバー力がある下地、ファンデーションと重ねると重いメイクになる可能性があるので「カバー力が高い下地+UVシルクカバーパウダー」で仕上げるのがおすすめです。

塗布のやり方は、上でもお話ししたように付属パフは小さくて薄いので、使い方によっては厚塗りになりやすいです。パフの基本の使い方お粉をとったらパフをモミモミなじませることを忘れずに。セザンヌ公式では『軽く円を描くようにパフに粉をつけると厚塗り防止』とアドバイスしています。

口コミではフェイスブラシ使用の方が多いですが、パフで厚塗り感を感じる方、乾燥を感じる方はブラシがおすすめです。

それでも乾燥を感じる方は、スキンケアをしっかり、又は下地は保湿系がおすすめです。

また皮脂吸着パウダー配合ではないので、しっかりテカリ防止だけの目的で使うと肌質や季節によっては期待外れになるかもしれません。

まとめ

セザンヌ UVシルクカバーパウダーの色展開は3色ですが全体的にはお肌に馴染むカラーで満足してる方が多いです。万が一色が暗い、白浮きする・・と感じてしまう方は上記でご紹介した対処法を試してみてください。おっ意外と使える!ってなると思います♪

 

タイトルとURLをコピーしました