※本サイトはプロモーションが含まれています。

ケイト リアルカバーリキッドの使い方【ツヤ感VSマット感どっちがいい?】

高密着ハイカバーなケイト リアルカバーリキッド「ツヤ感&マット感」どちらが使いやすい? リアルカバーリキッドのライトグロウとセミマットの口コミによるおすすめの使い方、崩れにくい美肌にしあげる使い方のコツなどご紹介します♡

スポンサーリンク

【口コミ】ケイト リアルカバーリキッドおすすめの使い方

ケイトリアルカバーリキッド ライトグロウおすすめの使い方

厚塗り感がでず綺麗にしあげるコツは少量をスポンジで薄く伸ばすのがポイント!

水ありスポンジで馴染ませるとよりフィット感増し!

口コミによる使い方のアドバイス
・クマ・シミはコンシーラーが必要
・下地もツヤ系だとテカテカになる
・濡らしたスポンジでつけると崩れにくく、仕上がりも綺麗
・色が暗く感じる場合はトーンアップ下地と合わせる
・&beブラックスポンジで塗ると薄付きで良い
・塗りすぎは厚塗り感がでる
・ブラシとスポンジで塗ると薄づきなツヤ肌に仕上がる

ケイトリアルカバーリキッド セミマットおすすめの使い方

セミマットだけどツヤを出したい部分はハイライトを使えば◎

乾燥を感じる場合は、保湿はしっかりするのがおすすめ。

口コミによる使い方のアドバイス
・厚塗りにならないように気をつける
(少量の方がキレイに仕上がる)
・半プッシュでも十分
・濃いクマやシミにはコンシーラー必要
・保湿はしっかりする(肌質によって)
・手早く塗り広げないと乾くのが早い
(手早くブラシかスポンジで伸ばすと薄づきで綺麗につく)

ケイト リアルカバーリキッドで崩れにくい美肌にしあげる使い方

ケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)使い方のコツ
少量薄く伸ばして、スポンジでトントンなじませる
ケイト リアルカバーリキッド(セミマット)使い方のコツ
乾くのが早いので少量手早く指で伸ばして、スポンジでトントンなじませる

ライトグロウとセミマットの使い方の共通点は「少量」ワンプッシュ、または半プッシュ。そしてセミマットの方は、乾くのが早いので手早く塗り広げることを口コミでも多くの人が薦めています。

美顔を左右する目の下三角ゾーンから丁寧に内側から外側へ広げましょう。

顔全体に塗布する感じではなく顔中心部分を重点的に。手で塗って厚塗り感、ムラや毛穴落ちなど上手く塗れない時は、スポンジ又はファンデーションブラシがおすすめです。

目の下三角ゾーンはきちんと、皮膚が薄い口周りや毛穴落ちしやすいゾーンは薄膜に。毛穴落ちの多くの原因が厚塗りが原因です。


またセミマットは年代・肌質によって(乾燥肌や敏感肌など)乾燥を感じることもあるようなので塗る前のしっかり保湿、又は保湿系下地の併用がおすすめです

どっちがあってる?ツヤとマットのおすすめポイント

口コミによるライトグロウとセミマットのおすすめポイントをまとめてみました。

口コミによるケイト リアルカバーリキッド(ライトグロウ)のおすすめポイント
・マスクにつきにくい
・崩れにくい
・ヨレにくい
・伸びがいい(1プッシュで全体に伸びる)
・乾燥しにくい
・程よいカバー力
・密着力がいい
・ツヤツヤでなく程よいツヤ感

口コミによるケイト リアルカバーリキッド(セミマット)のおすすめポイント
・マットで毛穴なしのキレイな肌仕上がり
・薄塗りでもしっかりカバー
・伸びがいい
・着け心地が軽い
・密着感がいい
・テカりにくい
・崩れにくい
・マスクにつきにくい
・塗った後の肌がサラサラ

ケイト リアルカバーリキッド ライトグロウとセミマットの特徴


1,760円
30ml
全7色(WEB限定1色)

高密着ハイカバー×ツヤ感
・色ムラを均一にカバー、肌に密着し、くずれにくい。
・毛穴・凸凹を光でカバーしセミツヤ肌に
・保湿成分配合(水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸Na)
・長時間カバー持続


1,760円
30ml
全7色(WEB限定2色)

高密着ハイカバー&マット感
・皮脂によるテカリを抑制
・10時間色持ち(※ケイト調べにより)
・マスクにつきにくく、マスクをしていても長時間崩れにくい

まとめ

ライトグロウはツヤ感を謳ってますが、デパコスのようなツヤツヤ感というよりは程よいツヤ感がでる感じです。美容系ユーチューバーさんの動画でも2タイプ(ライトグロウとセミマット)見た目の印象を比較してましたがセミマットとつけた感じはあまり変わらない感じですね。

ただ使い心地や効果については異なるので、どちらが自分に合ってるかはライトグロウとセミマットの特徴やおすすめポイント(上記記載)も参考にしてみてくださいね。またUVケアがないためUV下地(日焼け止め)は必須です。

タイトルとURLをコピーしました