※本サイトはプロモーションが含まれています。

ケイト ザBB どっち?【オイルブロックとモイストを比較!】

すっぴんは嫌だけど、軽い外出やご近所メイクに少しメイク感を出したい時に最適なケイトザBB。オイルブロックとモイストコーティングの口コミによる使い心地の比較と綺麗にしあげる使い方をご紹介します。オイルブロックとモイストどっちがいいか迷ってる方におすすめの内容です。

スポンサーリンク

【口コミ】ケイト ザBBのオイルブロックとモイストの使い心地

オイルブロックとモイストコーティング、それぞれ口コミ100人調べてみました。

カバー&オイルブロック
おすすめな点
・夏でも崩れにくい
・程よいカバー力
・肌を綺麗に見せてくれる
・乾燥しにくい
・サラサラ
・密着力がある

不満な点
・伸びが悪い
・毛穴落ちしやすい
・マスクにつく
・カラバリ少ない
・SPF低い

カバー&モイストコーティング
おすすめな点
・程よいカバー力
・乾燥しずらい
・崩れにくい
・伸びがいい
・密着力がある
・自然に肌を綺麗に見せてくれる

不満な点
・マスクにつく
・カラバリ少ない
・SPF低い

2種調べてみた率直な感想はBBの機能がすべてにおいて「程よく」という感じです。

〇=良い ◎=すごく良い
カバー力〇
オイルブロック(メイク崩れ)〇
モイスト(保湿力)〇

カバー力についてはハイカバーのレベルではない(濃いシミやクマなど✖)ようですが、オイルブロックとモイストコーティングを比較するとオイル>モイストで、オイルブロックの方がやや高めという感じです。

またモイストの方の保湿力も程よくという感じなので、しっかりとした潤い(保湿力)を求めていると期待外れになるかもしれません。

使い心地については、オイルブロックの方が伸びが悪く、毛穴落ちすると感じてる方も多いようでした。ただ、皮脂ブロック系で乾燥しにくい点は好評です。

ケイト ザBBのオイルブロックとモイストの特長


30g 1,540円
各全2色

乾燥を防いで長時間保湿のカバー&モイストコーティング(ツヤ肌しあがり)
皮脂テカリに強くサラサラで乾燥を感じにくいカバー&オイルブロック(セミマット肌しあがり)

オイルブロックとモイスト共通特長
・ハイカバー持続(毛穴・凸凹・色ムラをカバー)
・マスクをしても崩れにくい
・美肌しあがり
・保湿成分配合(美容オイルと水溶性保湿成分)
・SPF20 PA++(カバー&モイストコーティング)SPF21 PA++(カバー&オイルブロック)

スポンサーリンク

結局、ケイト ザBBのオイルブロックとモイストどちらがおすすめ?

オイルブロック(皮脂対策)とモイスト(保湿)はそもそも機能性が違いますが、

オイルブロックがおすすめな人↓
程よいカバー力と保湿力、サラサラで崩れにくいBB

モイストがおすすめな人↓
テクスチャーが塗り広げやすく、オイルブロックより保湿感を求めるBB
※程いツヤ肌しあがり

ケイト ザBBで綺麗にしあげる使い方のポイント

オイルブロックは伸びが悪いと感じてる方も多いので、綺麗にムラがなく仕上げるためにも指塗りよりメイクツールを頼るのがおすすめです。口コミでも、濡らしたスポンジで馴染ませたら綺麗にしあがったという声もありました。

程よいカバー力もあるので薄づきにしあげるのがポイント!オイルブロックの毛穴落ちも厚塗りになってる可能性があります。

おすすめのメイクツール
・表面が平なファンデーションブラシ
・メイクスポンジ(顔の細かい部分までフィットするしずく型がおすすめ)

塗布する時は顔の中心部分を重点的に、特に顔の印象を決める目の下三角ゾーンから丁寧に塗布しましょう。ここが整ってるだけでも美肌に見えます。

モチが悪い、べたつきを感じる場合はパウダーでしあげるのがおすすめです。口コミでは、ケイトのオイルブロックパウダー併用でより崩れにくくなったという方もいました。

またオイルブロック・モイストコーティングでお肌に乾燥を感じる方は、事前のスキンケアをしっかりすることをおすすめします。

まとめ

ネーミングに惹かれて使ってみると、あれ?と思う方もいるようですがカバー力については「中ぐらい」が化粧感もでないのでナチュラルメイクにも使えるBBです。1つ注意点はカラーバリエーションが少ないので、思ったより色が暗かったと感じている方も一定数いたので、特にブルべの方は色選びはよく検討をした方がいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました