※本サイトはプロモーションが含まれています。

RMKリクイドファンデーションの使い方”綺麗なすっぴん”になるコツ

『綺麗なすっぴん』つけてるのを忘れてしまうぐらい軽いつけ心地のRMKリクイドファンデーションの口コミによるおすすめの使い方、綺麗にしあげる使こなしのポイントをご紹介します♡

スポンサーリンク

【口コミ】RMKリクイドファンデーションのおすすめの使い方

隠したい肌悩みはコンシーラーを使えば厚塗りにならない。

ツヤが欲しい時はハイライトを塗ればOK♪

口コミによる使い方のアドバイス
・水なしスポンジは水分を吸うので手かファンデーションブラシがおすすめ
・水ありスポンジを使って優しく叩くともっとナチュラルな感じに
・カバー力は弱いので気になる部分はコンシーラー
・色選びはタッチアップがおすすめ
・下地が保湿多めのものと相性がいい
・艶ツヤ感が好きな人はハイライトで調整
・量は少量がおすすめ(多いと厚塗り感がでる)

RMKリクイドファンデーションって?


30ml 4,950円(税込み)
全11色

つけていることを感じさせないくらい、薄づきだけど適度なカバー力があって、素肌の美しさを活かしながら、健康的なツヤ&透明感のある肌に。

保湿成分シルクエッセンス&シアバター配合

SPF9・PA+ / SPF14・PA++
※Coffee Brownを除く
※100、200LはSPF9・PA+

口コミによるRMKリクイドファンデーションのおすすめポイント

・軽いつけ心地
・柔らかめで伸びの良いテクスチャー(みずみずしいテクスチャー)
・ファンデの嫌なべたつきがない
・素肌を綺麗にみせてくれる
・艶肌になる
・崩れにくい
・厚塗り感なし
・乾燥しにくい
・肌への負担が少ない
・毛穴、色ムラカバーは◎

RMKリクイドファンデーション使い方 指よりブラシがおすすめ?

「素肌感を綺麗にしあげるファンデ」

ナチュラルメイク、薄メイクさんのファンデならこれ!というぐらい軽いつけ心地でお肌をナチュラルにしあげてくれるリクイドファンデーションです。※逆にしっかりカバー力を求めてる方には△

ファンデーションの基本のようにお肌を隠すのではなく「整える」自然にお肌を均一に整える、これがリクイドファンデーションの魅力です。

昔なら色ムラなどカバーするのにファンデをせっせと塗って重いメイクになっていたと思いますが、隠すのではなく整えることで軽いメイクに。

軽いメイク=綺麗を持続し崩れにくい

カバーに関しては毛穴・色ムラは◎、濃いシミ、クマ、ニキビ跡についてはコンシーラーが必須です。

BAさんはスポンジは水分を吸うので手かファンデーションブラシをおすすめしてます。

RMK ファンデーションブラシ N ↓

画像提供:Rakuten

ムラ、厚塗り感なく綺麗に仕上げるにはブラシがおすすめです。
スポンジを使う場合には「水ありスポンジ」で、しっかり硬く絞って使いましょう。

そして厚塗りはヨレやすくなるので薄く塗るのがポイント!

RMK公式による推奨の使い方をおさらい↓

①1~3プッシュ手に取りファンデーションブラシに少量含ませます
顔の中心から外側に向かってのばします。
③小鼻などの細かい部分は凹凸に沿わせるようにブラシを使います。
出典:RMK公式サイト

昔のファンデーションのように生え際までしっかり塗るのではなく顔中心を重点的に塗布するのが小顔効果もあり美顔見せポイントです。

美顔見せゾーンの『目の下三角ゾーン』から丁寧に塗布しましょう。顔中心から外側へ。

RMKリクイドファンデーション フローレスカバレッジとの違いは?

「RMKらしい肌の息づかいはそのままに、緻密なカバーカをそなえた新リクイドファンデー ション」と言うように、軽いつけ心地はそのままカバー力をプラスした感じです。

薄づき&素肌感+カバー力

実際のカバー力はどうなのか?口コミ100人調べてみました。
結論は「程よいカバー力」

薄いシミや肝斑などはある程度綺麗にカバーしてくれるようです。濃いシミ、クマはカバーしきれないようですがカバー力の点ではリクイドファンデーションより評価が高いのは間違いないです。

価格はリクイドファンデーションより少し高めで6,050円(税込み)

まとめ

他デパコスのファンデーションと比べるとカバー力は劣るかもしれませんが、カバー力が高くない分つけ心地の軽さはデパコスでもNo.1だと思います。RMKのベースメイクは素肌感を大事にしてるので、その魅力を引き出してくれるリクイドファンデーション。ヘルシーなメイクでお肌が呼吸、気持ちも軽く♪

タイトルとURLをコピーしました