※本サイトはプロモーションが含まれています。

ロージーグロウライザーの使い方【グロウで顔に立体感をだすのが正解】

肌の内側から発光してるようなツヤ肌にしてくれるコスメデコルテ ロージー グロウライザーの口コミによるおすすめの使い方、ツヤ感を活かした使い方のコツをご紹介します♡

スポンサーリンク

【口コミ】コスメデコルテ ロージー グロウライザーおすすめの使い方

スポンジでポンポンつけた方(叩き込む感じで)が綺麗にしあがるかな。

ツヤをだしたい箇所(頬、おでこ、鼻筋)にハイライト的に塗るといい感じ。
自然なツヤ感♪

口コミによる使い方のおすすめ
・部分的にハイライトとして(立体感)
・デコルテに塗ると綺麗なツヤ
・全顔はツヤツヤすぎるので顔の中心のみ

口コミによる使い方のアドバイス
・コスデコのパウダーで仕上げると綺麗な艶肌
・乾燥を感じる場合は、スキンケアの段階でしっかり
・マット&カバー力が高いファンデだと艶が消えてしまうのでNG
・ゼンウェアフルイドとの相性が抜群

コスメデコルテ ロージー グロウライザー って?


30ml 3,520円(税込み)

やわらかなピンクベースに多彩な色のパール配合で、素肌感を活かして内側から発光するようなツヤ肌にしあげるプライマー。

・美容液のようにみずみずしい潤い
・毛穴・色ムラ・凹凸を瞬時にカバー
・ファンデーションのつき・もちも高める
・SPF20/PA++

口コミによるコスメデコルテ ロージー グロウライザーのおすすめポイント

・内側から出ているような艶感
・肌がパッと明るい艶肌
・くすみを消してくれる
・透明感アップ
・保湿力あり
・崩れにくい
・軽いつけ心地
・伸びがいい
・乾燥しにくい
・1回ワンプッシュでコスパがいい

 コスメデコルテ ロージー グロウライザーの使い方 艶&顔に立体感

保湿×艶×トーンアップを兼ね備え内側から発光してるような自然な艶感を与えてくれるロージーグロウライザーです。ナチュラルメイク・薄メイクさんなら、ファンデ無しでロージーグロウライザー+パウダーでも十分だと思います。

色補正などしっかりカバー力はありませんが、程よく毛穴をカバーしお肌の悩み(くすみ、クマなど)によっては光(艶)の効果でわからなくしてくれるのでより自然な綺麗な肌に見せてくれます。お肌がくすみがち、肌に自然なツヤが欲しい年齢肌さんにもおすすめです。

艶肌作りコスメデコルテ縛り
①ロージーブロウライザー
②ザ スキンリキッドファンデーションロウ301
③コスデコルースパウダー00・101(さらにツヤ感を求めるなら01)

口コミではハイライトとして使ってる人も多く、この艶感を活かして艶をだしたい場所にオンするのもおすすめです。年代によっては全顔塗って艶艶になりすぎと感じる場合も、若々しさを自然に演出する部分使い(鼻筋、Cゾーン、頬など)がいいでしょう。

ロージーグロウライザーの艶感を活かしてハイライト代わりに部分使い

そして”美容液のようにみずみずしくうるおい”というように保湿力が強い分、肌質(混合肌や脂性肌)によってはこの潤いがデメリットになり、顔がテカテカなど気になる点がでてくるかもしれません。この場合も全顔ではなくハイライトのように部分使いがおすすめです。

口コミではプリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地の後にロージーグロウライザーを使用してる人もいます。

ちなみに『肌質関係なく夏の間はよれやすいので全顔には塗らずハイライト(部分使い)として使うのがおすすめ』とBAさんのアドバイスもありました。

ナチュラルメイク、40代からの厚塗りにならないツヤ復活メイク術の参考動画↓
ロージーグロウライザーのツヤを活かす塗り方の参考になります♪

まとめ

下地からお肌を綺麗に見せてくれるロージーグロウライザー。ギラギラすぎる・・・との声もありますが、塗り方のコツをつかめば年齢肌で艶感がない頬でも塗った瞬間、自然な艶肌にしてくれます。少量で済むのでコスパもよし!艶やかな綺麗なお肌に見せてくれるのでファンデ無しでもOKなところも使い勝手がいいです。お肌を軽く、脱ファンデになるきっかけにもおすすめ♪

タイトルとURLをコピーしました